親友

親友が出来たと聞かされた。小学3年生になる前のこと。

友達と言わず 親友と言う8才の彼に

「し・ん・ゆ・うか?いいねぇ~」

「友達と親友って 何処が違うんだろうね?」と聞いてみた。

さて、なんて答えるのだろう。

「ぼくの親友はR君。R君がこの前この本、面白いと進めてくれたんだ。超、面白かったんだよ!

 親友って 良いことも教えてくれるし、悪いこともちゃんと言ってくれるんだよ!」

思わず、SORAの親友になりたい!と思ったので、

親友申請をしたら、「ばあちゃんは家族だよ。親友も大事だけれど家族が一番だよ。」と言われた。

外孫なので、家族に中に入れてもらえたことは光栄だが、

「親友になりたいなぁ~。だって家族にいえないことそっと話したりするじゃん。」

「それもそうだけど・・・」「友達は厳しすぎても駄目だけれど甘すぎても駄目なんだよ。」

「ばあちゃん甘すぎかも?!」と言われた。

イオンでおもちゃを買って、サイゼリアでピザを食べた後だっただけに・・・

車の中で3年生になるSORA兄と今年の春から保育園に通い始めるTA君二人の孫と

大笑い。苦笑い。