親友

親友が出来たと聞かされた。小学3年生になる前のこと。

友達と言わず 親友と言う8才の彼に

「し・ん・ゆ・うか?いいねぇ~」

「友達と親友って 何処が違うんだろうね?」と聞いてみた。

さて、なんて答えるのだろう。

「ぼくの親友はR君。R君がこの前この本、面白いと進めてくれたんだ。超、面白かったんだよ!

 親友って 良いことも教えてくれるし、悪いこともちゃんと言ってくれるんだよ!」

思わず、SORAの親友になりたい!と思ったので、

親友申請をしたら、「ばあちゃんは家族だよ。親友も大事だけれど家族が一番だよ。」と言われた。

外孫なので、家族に中に入れてもらえたことは光栄だが、

「親友になりたいなぁ~。だって家族にいえないことそっと話したりするじゃん。」

「それもそうだけど・・・」「友達は厳しすぎても駄目だけれど甘すぎても駄目なんだよ。」

「ばあちゃん甘すぎかも?!」と言われた。

イオンでおもちゃを買って、サイゼリアでピザを食べた後だっただけに・・・

車の中で3年生になるSORA兄と今年の春から保育園に通い始めるTA君二人の孫と

大笑い。苦笑い。

 

旧暦 お雛さま

今年 平成三十年 (西暦2018年)の

旧暦の3月3日(お雛まつり)の日は4月18日。

旧暦までお雛様飾ってよいのだと聞かされたのだけれど

1ヶ月遅れの4月3日

いや 4月になる前にいそいそと

片付けていた我が家。

 

 

先日の日曜日に、お茶の先輩から【お茶を飲みに着ませんか?】の

お誘いをいただいた。

お茶室に飾られたお雛様を片付けるからその前にと

床の間には親王様

床の間の掛け軸は 雪月花 【山には雪があり空には月・そして(桜の)花】

濃茶とお薄を一服づつ

主菓子は桜吹雪

干菓子は桜と葉の和三盆と寒天ゼリーと小さなお抹茶菓子

 

お昼過ぎの豊かな時間

お茶の教えだけではなく 人生の先輩空の生活の教えはうなることばかり

 

今一番楽しいことは 近所の絵画教室に通い

絵を描き始めたことを話すと

日本画家・山口蓬春(1893-1971)の画集みせてくれた。

 

梅と桃と桜の違いを絵画教室の先生に聞かされて ちょっぴり思い出しながら描いた色紙。

梅を指差して あれって桜、桃と聞いてた人がいたっけと…(笑)

 

梅の花は丸くて、桜は先割れ、桃はチョッピリ尖がっているんだって。

 

 

写真は我が家のなっちゃんのお雛様で コンパクトで可愛いサイズ

なっちゃん 床の間の前でお雛様に【こんにちはこんにちは】とこっくりこっくりお辞儀した

初節句の年でした。

雲南桜草

絵画教室の南側の窓辺に

いくつものプランターが並べられていた。

春の日差しを浴びて柔らかな葉が伸びてきて

一週間ごとに成長していてそれを見るのも楽しみ。

咲いた花の優しい桜色にうっとり。

絵にも描きたい優しさと思いつつ

「いるならどうぞ~♪」の声に

手を挙げられずにいたら・・・

先日、先生が車で届けてくれたのです。

まだ、スケッチも出来ずに 毎日、優しい気分で眺めています。

新しいこと

新しいことをはじめるのは勇気のいること。

 

けれども、自分の殻をやぶるには

新しい一歩を踏み出すしかないのです。

 

始めた習い事。50最後の手習い

去年の秋口にお茶に着付け。

 

初夏に入りそうな6月からピアノ。

 

5月末に先生宅を訪ねると 玄関先の薔薇の花のお出迎え。

帰りに先生のお父様が 薔薇の花を用意してくださいました。

 

「この季節、咲き終わった茎を挿し木にすると根付くよ!」と一声。

 

最初の練習日。娘と娘の長男【小2】を誘いました。

三人で三世代で お遊び連弾。『ちょうちょう』

孫のリズム感に 何故だか嬉しかった帰り道。

 

そんなこんなの毎日で仕事の合間を潜り抜け

勇気のいる 新しい事始めてます。(笑)

 

桜の季節

 

 

 

 

 

 

 

 

浴室・キッチンのリフォーム工事の現場が動いていたり、

これから始まる新築工事の準備やらで

桜の時季が通りすぎそうで慌てて・・・

ご近所の桜の木の下を通って・・・ 郵便局へ

 

桜吹雪 なごり桜 手のひらの桜の花びらがはらはら。

 

桜の花が愛おしいのはあまりにも短い時間で散っていく様にあるような

気がして「悔しい」。

「切ない」「悲しい」それが いまを生きているかけがえのなさなのかなぁ。

それが 愛おしいということと自問自答。思いっきり喜べない桜の時季でした。

 

だからこそ 気持ち切り替えて 生活も仕事もと 思えた今年のこの季節。

年賀状から教えられて

年の瀬、追われるように年賀状をつくり、郵便局に駆け込んだ。

まだ、年賀状ボックス、市内と市外と二つ置かれていてほっとする。

ポストに投函をしようと思ってたので、仕分けを局内でしながら、駆け込みセーフを一人喜ぶ。

 

三十数年前に嫁いで

義父が、二百枚近くの年賀状を手刷りをして 畳の上に広げているのを

手伝い始めてから、我が家の年賀状の付き合いが始まった。

子供達が幼少期に入る頃になると、面白がって一緒に年賀状をする手伝いをしてくれた。

年賀状の思い出は、毎年少しづつ違っていく。

 

パソコンの普及も年賀状の形を変えていって、

難病の晩年の義父が

「これは便利で面白いね。」と

出来上がった年賀状を喜んで確認してくれたのも 思い出のひとつに加わっている。

 

子供達が育ち、娘は結婚をして男子二人を授かり親子2世帯で暮らしてる。

息子も初子を授かり、我が家も2世帯になり、年賀状の数も添えられた言葉も増えた。

 

パソコンで、いち早く年賀状を 作って送ってくれた友達がいる。20数年前のこと。

義父はそれを見て驚いていた。主人と私と一緒に建築を学んだ友(夫婦)である。

パソコンの年賀状が当たり前になった頃には、

手作り手書きの年賀状になっていて、主人と二人で感激したのも思い出になっている。

同じ学びやで学び、課題の設計をいくつもこなしていた頃を思い出し、

あの二人(夫婦)は 学生時代同様、オピニオンリーダーだと誇らしく思えた。

 

追われるように年賀状を作って出した今年の年初め。

郵便ポストに置かれた年賀状。一枚一枚、目を通しながら反省しかり。

今年の目標はその反省を生かしたい。

今日、1月5日の小寒の日に届いた年賀状をみながら再確認。

 

【昨年一年充実した一年を過ごすことが出来たことに深く感謝しています。

今年は少し落ち着いた大人の時間を過ごすことを心がけたいと思ってます~大丈夫かな?

なんて言いながら今もバタバタと年賀書きながらお台所しています。】

お正月に、家族の様子と自分の今年の目標を書き添え、

私宛に今年も宜しくご指導ください。と書き添えてくれた年下の親友。

私の方がいつも支えられ教えられてるのです。

大切にものごと考えたり仕上げたりの作業、確実に。

 

そして、パソコンから手書きに大変身の学友は 暖かな文字で

【ゆとり( ・・)ある一年でありますように】

楽しそうな 彼女の年賀状に教えられました。

 

あわてることなく ゆっくりと 丁寧に 確実に。楽しみたい身のまわりのこと。今年の目標です。

本年もよろしくご指導ください。 時代に流されるのでなく、時代と共に 私なりにがんばってみます!!(笑】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA