玄関先のお出迎え

この季節 我が家の玄関先に咲いて出迎えてくれる花は

沈丁花(じんちょうげ)科の 三椏

雪が消える頃 不思議な形の花芽がつき

待ち遠しい春を今か今かというように変化しながら
蜂の巣がぶら下がったような形になり 可愛らしい花を咲かせる。
枝が3本ずつ分岐する これが名の由来だと 茨城の母が言っていた。

『不思議!可愛い!』と連発したら

庭の三椏の木の 小さなほうの一本を

父が大きな鉢に植え変えてくれた。

樹皮には強い繊維があり、和紙の原料になる。
しわになりにくく 虫害にもなりにくいので高級な紙の材料で、

1万円札などの紙幣や 証紙など重要な書類に使われるから

『縁起が良い木!! 新築お祝いだね 博さん!(笑)』 と八年前

茨城の父母は主人(PAPA)に言っていた。

三又は「三椏」とも書く。「椏」は”あ”とも読み、「木の股」の意味がある。

これも母からの伝授。

我が家の三椏は 黄色花とともに 赤花が咲いて 玄関先に春を告げて
客人をもてなしてくれている。

今日も お友達が三椏を カメラに納めてくれました。うれしい玄関先の出来事。

そして 仲良し3人組 父・母・PAPAを思うのです。。。春はよいですね。。。

20150412a

 

20150412b

 

ご褒美

ご褒美のごとく今年も咲いてくれました。

茨城から持ち帰った父母の大好きだった君子蘭。

3月(年度)末 なにかと片付け作業が続き

これを乗り越えて 春が来る! と

自分自身に言い聞かせていたので ひとつ片づける度に 一人ご満悦気分。

仕事も 倉庫も MY部屋も 片づけながら進んでいく

電球のごとく ポット明るく咲いて 4月に入りました。

初心忘れずがんばるぞ~~~。4月1日を越してから 言いたかったのです!(笑)

20150404a

ストーブと薪

3月の雪としては10年ぶりと新聞が伝えていた。

そのおかげかな?(笑) お土産に 薪をひと束抱えて Yさん(営業マン)来所。

『こんな薪 焚きたかった!』というのも 我がストーブで暖をとっている薪は現場の廃材。

釘がついてるのもありの状態で・・・燃えすぎて デンマーク製の20年選手のストーブに m【–】m ごめんなさい。

やっぱり 薪ストーブ用に切りだし 用意されて割られた薪は風格も燃えも違っていた。

体験してみるのも悪くない。

ピンからキリってよく言ったもんだと思う。

薪にもあるのね!

そして 嬉し めずらし 土産大切に 燃やそうと 今日の午後の満足は雪をも雨に変えました。(笑)

2015-03-13 15.11 (2)

2015-03-13 15.11 (1)

月日振り返る頃

卒業式を終え 進路が決まり 入学式を待つこの時期は なぜだか 月日振り返る。

あんなことこんなことあったよね!! と

ふと 身近なものに目を向けると 蕾がふくらんでたりと うれしい出来事もちらりほらり

そして 忘れないようにと 季節がちょっと逆戻り。。。

辺り一面雪景色。。。

片づけてたスノーダンプとスコップを出してきて雪いじり

それでも 雪の質は 春間近?のような 気がしてるの(私)V です。

20150312a

20150312b

ミモザ

花を活けてたら

「ミモザサラダ」を思い出した。

トマトの上に タマゴの黄身をこまかく
いっぱいかけた様子
この花びらを ふりかけたように

だから ミモザサラダなんだ?! と 一人合点!!!(笑)

20150226a

20150226b

 

 

 

今日は節分 明日は立春

現場に午後のお茶出し

終盤作業真っ只中の大工さん達に珈琲と肉まんと豆の差し入れ。(おまけに鬼の面)^^V

今日は節分 明日は立春。2月に入ると春の呼び名が嬉しくて

毎年 床の間の掛け軸を掛け替えたり お雛様を出したりと忙しい。

今年は 家族が増え 嬉しさついでに うれしたのしを増やそうと

西南西の方角を向きながら恵方巻を食べてみた。美味しくて思わず 「おいしいね~~~」と

声が出そうになってしまったら 家族から「恵方巻は 無言で!(笑)」と

うれしたのし事 ためらわずに取り入れると ちいさな発見大きな喜びが

季節と一緒に 歩いてくる気がする。。。

20150203

花のちから

現場も プランニングも 頭がいっぱいになることがあって

それも自分の力だけでは どうしようもないことがあって さて さてどうしようものかと思っていたら・・・

お花が届けられました。。。(超嬉し) それも チューリップ。

子供の頃の好きな花 勿忘草・鈴蘭・桔梗 渋かったのですが・・・

今ではマーガレット・チューリップ・ラナンキュラス・・・

どんな花も 大好き!! どれもこれも 精一杯咲いてる ちからを持っている。。。

そんなこんなと考えてると 建築も現場もひとつとして正解不正解はなしと思えて

シンプルに考えてみようと思えてきた。

20150130a

20150130b

昨晩 うっかり 車を駐車場に入れ忘れた。。。

朝 外を見ると❄️❄️❄️雪     車はこんもり雪帽子。

まだまだ 雪とのお付き合いを忘れてはいけないはずなのに

一旦 雪溶けて消えると、、、春 真近と喜び勇んでしまいます。

 

それでも 雪質 春 近しと 思えるのは私だけではなさそうですよ〜。

雪帽子をかぶる木々たちの姿が違います。(笑)

image

セフティ・マッチ氏の焚火話より (時・人・祝い)の言葉

20150123a

去年の暮注文していた手帳が届きました。

6~7年ぶりに風邪をひき 凹み気味だった今日。

ちょっと素敵な一日になりました。

手帳が入っていた箱の書き記されていた言葉。

いくらでも追い越されるがいい。時にも、人にも、祝いの言葉にも。

飽きずにしっかりと歩いていたら、道のずっと先で、出会うものなのだから

時・人・祝いの言葉

風邪引きながら 飽きずに図面をせっせと書き 仕事をこなし時を過ごし

初孫の宙が5歳 大好きなお友達が○○歳の誕生日の今日1月23日。おめでとうの祝い言葉が行き交い

去年の暮れリフォームさせていただいたKさんが 手作りパンを抱えてきてくれました。

小さなパン屋さん計画中と聞きなんともうれしたのし一日。

手帳と共に遅まきながら 2015年 ゆるりと飽きずにしっかり歩いていきたいものです。