街の中 いつもは桜と気づかずの木に桜色の花が満開

今日の雨がもったいないと思いながら 現場写真整理。

ちょうど1ヶ月前の写真の中に 梅の花が・・・

3月4日 思い立つ気持ちで 茨城水戸へ

3月5日 妹・弟と 梅の花満開の偕楽園・好文亭へ

偕楽園の梅の花の写真と 好文亭の襖・襖・襖の写真。

その時は 考えのしなかった 思いもしなかった幼少期の思い出。

父と母が 創った家を思い出した。

好文亭が好きだったんだと

高台に建てられた家の

2階は 広すぎる畳の間と廊下があり 部屋ごとに襖絵が変わっていて鮮やかだった。

建築を仕事にしていた父が建物を見るときの眼は違っていたのかもしれない。

柱や長押や天井材 材木の品質から仕事の技。

絵が好きだった母は 襖が気になっていたのではないかと。

私は好文亭を見ながら 父と母を 思いました。

その家は 区画整理で取り壊され無くなってしまいましたけれど

不思議なことに 跡地の墓地に今静かに父と母が眠ってます。

好文亭の名前の由来は、

晋(しん)の武帝の故事

「文を好めば則ち梅開き、学を廃すれば則ち梅開かず」により、

梅の異名を「好文木(こうぶんぼく)」といったことから命名されたといわれているのです。

若いときに気付かずにいたことが気付ける なんとも面白い4月 新学期時期です。

20160305c

20160305a

20160305b

 

20160305d

20160305e

20160305f

誕生日

20160225a

3年続いて 新築工事の引渡しが2月。

自分の生まれ月の2月。

2月は春を待ちながらも

最後の冬のがんばりを見せ付けられる季節。

嬉しいような寂しいような それでも嬉しい!!が本音。

複雑な心境の中 2月を過ごし 3月通り過ぎてから懐かしんでる。

中学3年の担任の先生は 国語の先生で 沢山の事を教えてくれた。

その中で私が一番感銘した事柄は

自分の誕生日は 『親に感謝する日』と。

15才で教えられ 15才で身に染みたことは

40年以上たった今でもその教えをありがたいと思っている。

去年は 感謝する父母達がいなくなった寂しさが大きかった。

今年は 年重ねた分言葉のおおきな意味が見えてきて

感謝することが増えてきている。

本当に 沢山の人たちに支えられて 仕事や生活が出来ている。

生まれることも 生み出すことも 形にすることも それぞれの誕生日がある。

素敵な2月にありがとう。 思い出している3月も半ばになり。。。春がそこまで来ている気配。

沢山の花をいただいた2月 あっちこっちと花畑

20160225b

 

 

2016年1月10日(日) 時々雨

雪のないお正月をまったり過ごし

2月14日(バレンタインディー)引き渡し予定の新築工事後半

6日から現場開始 クロス工事に入りました。

 

3年連続で11月中旬の建前という新築工事は 3件3様で現場の流れは少しづつ違います。

それでも そのおかげで 3年間の天気模様だけは不思議と覚えてます。

 

さて 現場は着々と 新しい生活の場になるため形を整え始めています。

キッチン納入 15日。組み立て 週末16・17日予定です。

20160110b

 

20160110a

仕事と暮らし

20151104a

 

10月27日(火) 仕事を終え夕食後 PM:22時 最寄の高速駐車場に待ち合わせ

ひたすら南(四国・徳島)を目指して走りました。

28日・29日(神戸ひと休み)・30日 夕方5時過ぎには新潟に戻り 現場確認。

 

駆け足の旅でしたけれど 観てきて感じたことはこれからの仕事と暮らしに

意味を持たせてくれると思えました。

 

なんにせよ 冬前の仕事が 押せ押せで 気持ちは少々落ち付かず

それでも 久しぶりのひすいいろの空と 日差しの暖かさがなんとも嬉しい。

 

神無月(10月)抜けて 霜月(11月) 神帰月突入。神様が帰ってきています。(笑)

冷房入れずの一日

お盆が過ぎると風が変わる

昔の人は 季節の変わり目を敏感に 感じていたのかもしれない。

 

残暑は まだまだ続く 夏休みもまだ十日はある。

 

今日は 冷房を入れずに一日過ごし

プランニング中の家の夏と冬

冷房・暖房・想像めぐらしていた。。。 風の感じが白く秋に近づいている。

 

2015-08-19 15.47.54

 

2015-08-19 15.48.31

 

変わらない?!

昨日 何年振りかで訪ねてくれた方が 「変わっていな~い~!!」 と

 

変わってないかな?変わってるような?・・・

古くなっていくような?傷んできたような?・・・頭の中で横切ったetc

私の好きが変わっていないからと言ってくれた。

 

好み 変わっていないかな?妥協も多分にあるぞ! 年と共に面倒にもなっている。(笑)

「変わっていな~い~!!」 の声のトーンの明るさを単純な私は

嬉しい一言と とらえ やっぱり単純(笑)

 

ならば 研こうと 朝清掃に 精出した一日の始まりでした。。。

長続きできるように 久しぶりに記します。

 

(現場のほうは・・・悪戦苦闘乗り越えて 形が見えてきた!! と これまた嬉しい言葉)

たわいのない うれし・たのし 日常がなにより。 仕事も含めて 気持ち込めて毎日をおくりたい。

今日

2015-05-26 a

 

3年前

2015-05-26 b

 

 

つくりあげる あれやこれや

春はまだかと心待ちの2月終わり 新築工事の引き渡し。

 

3月の入り 居室の断熱のためのリフォーム

水回り トイレと浴室入れ替えリフォームと 現場が忙し騒がしの時に

 

事務所入り口工事( 歴代図面と書籍とカタログ整理)を思い立つ。

急に思い立っていたわけではなく・・・(笑)構想は以前からしてたんです。。。

 

笑い話のごとく 助成金の申請の勉強会に行き申請書を書き提出。申請受理には至らず ^^;残念。

ならば 助成を充てにせず自力で。

物事シンプルに考えるべし 何のためにつくりあげるのか?

大工さんと 話し合いながら作業開始。本棚の図面ぐらい書けと指示を受け・・・簡単メモ渡す。

思いもかけず あれやこれやとつくりあがっていく様の楽しい事。

 

これから始まる 現場の下準備のための作業の効率があがってると思える

Vサインの自工事 学び満載 今から書きあげる図面に活かせそうです。。。

20150310b

 

20150310a

 

 

 

父の仕事場

先週末 茨城の実家に 四人きょうだい(私・妹・弟・弟)集合。

父母が亡き後 茨城の家は やはり寂しい。

きょうだい皆が思っている事。

二年前の春母が亡き後 四人で母の道具を片づけ始めた。 父が静かに見守ってくれていた。

そして父は一人暮らしを断念 新潟の私の家へ。

昨年の夏父が亡き後 また四人で父の道具を片付けた。

父の仕事場(作事)は 四人で無理なところは手伝いをお願いして建物は解体。

家の中にある道具。父が大事にしていたので 置き場があちらこちらと

宝物のごとく 面白い具合に色々なところに工夫されて置いてあり

愛おしく微笑ましい。

私と妹は 生活の場の片づけを先行して 父の道具はそのままもありと

放置していたところ

今回 弟がもくもくと 父の道具の片づけをはじめていた。

四人の目線の違いと 働き方の違いが 同じ親から生まれ育てられたのに

微妙に違い 話をしても面白おかしく 片付けという仕事をしても

さくさくと進行していく。

父と 母の 偉大さと 大好きさを 再確認。

仕事のヒントも妹・弟から 貰いましたよ!!

 片づけを含む なにかを仕上げる ヒントは 倍の倍になる二乗効果。

これって きっと なにか 人の力法則なのだろうな~~~。(笑)

写真・上 父 新潟弥彦公園で  下 茨城父の二階の隠れ仕事場

20150220a

20150220b

犬と一緒にのリビング リフォーム

犬と一緒にのリビングリフォーム。は 店舗の裏側の物置片づけから・・・

 

今日から大工さん達が現場に入りました。

施主さんからの電話は嬉しそう。これから始まる 問題解決。

引っ越しをした時は 起業であるお店作りに精一杯でそこで暮らしを考える余裕なし。

冬に突入すると 思ってのほか

古い建物は趣がある一方で寒い寒い寒い。それでも我慢を重ね 相談にしに来てくれました。

 

一緒に考えた結果 今石膏ボード仕上げの壁を取り払い

断熱材を入れて 窓の内側に樹脂サッシを入れて2重窓。仕上げ壁は 構造用合板。

 

犬が 石膏ボード上クロス張りor塗装 だとNG。

 

床は 1F コンクリート仕上げ上クッション仕上げ。2F フローリング。

 

仕上げ材は多種多様 ピンからキリまでと言われています。

今回は 若ご夫婦と犬が暮らしを楽しみながら次のステップを踏めるよう

過不足なしを第一にと考えてのスタートです。工期のスムーズな流れも重要課題です。20150216a

 

 

今日は節分 明日は立春

現場に午後のお茶出し

終盤作業真っ只中の大工さん達に珈琲と肉まんと豆の差し入れ。(おまけに鬼の面)^^V

今日は節分 明日は立春。2月に入ると春の呼び名が嬉しくて

毎年 床の間の掛け軸を掛け替えたり お雛様を出したりと忙しい。

今年は 家族が増え 嬉しさついでに うれしたのしを増やそうと

西南西の方角を向きながら恵方巻を食べてみた。美味しくて思わず 「おいしいね~~~」と

声が出そうになってしまったら 家族から「恵方巻は 無言で!(笑)」と

うれしたのし事 ためらわずに取り入れると ちいさな発見大きな喜びが

季節と一緒に 歩いてくる気がする。。。

20150203

1 2 3