舟を編む

20160831a

台風(10号)一過の朝は ほっとした青空。

思わず 庭に出て 草取り・掃き掃除。

 

八月はじめの土・日と 茨城から弟家族4人が遊びに来てくれました。

 

甥っ子二人は 中学・高校の最終学年、受験生。

新潟の 何処を案内しようか?などと思い悩んだのですが・・・

結局、三条市内で二日間 過ごしていきました。。。

 

花火大会と 早朝の釣りは なんとも自宅から数分

五十嵐川 河川敷。 お手軽~と言える様ですが、

ここは、あえて 身近な贅沢と 言っておきます。

 

茨城に帰っていく 弟家族と本屋に行き、甥っ子二人に

「本を お土産プレゼントするから ありったけ 読みたい本を選んでみてね!」

というと、二人は迷いながら ぐるぐる本棚の前で本選び。

この光景がなんとも嬉しかった。

 

高校三年の長男の甥っ子は インターネット上ので投稿小説サイトを読んで、

自分も物語を作っているので 選んだ本はその分野らしい。分厚い本を4冊。

中学三年の次男の甥っ子は 兄ちゃんが沢山選んだのを横目で見ながら

私に気遣いしてくれた。

そのことは微笑ましくて こんなところに長男次男の性格が出るのだなぁ~と思った。

「何冊でもオッケーで、本の大盤振る舞いしたいのだから、失敗しても・・・

自分で買ったらもったいないと思うけど

今日はちょっとでも読んでみたいと思ったら手にしてほしいんだ。」

 

そう伝えたら 手にした本一冊。

 

中学三年の男子が見る本?アニメだったかも?と

さだかではないけれどその時思った。

きっと気になる本だったんだろう。 【舟を編む】

 

お盆が過ぎると 自分や子供達の夏休み終盤を思い出す。

宿題や課題 日記に絵画・自由研究に工作・読書に感想文。

当時大変だったことも懐かしく楽しかった思い出になる。

 

8月歳週末、慌てて 気になっていた本数冊注文した。

今夏休みなんか関係ない大人になったのに、お遊びのように8月31日、

遠い昔の夏休み終わりめがけて 夜な夜な 数冊読み始める。

読み終わりは もちろん あの時甥っ子が選んだ【舟を編む】と決めていた。

 

船を造るのではなく船を編む

出来たら 私も家を造るのではなく

いえ(住まい)を編んでゆく仕事に 移行していく時期なのかもと思えた。

 

甥っ子達や 孫達の夏休みのおかげで

仕事に家事に編みこんで往けそうな気がしてきた

まだまだ 暑さ続きそうななごり夏です。

折り返し地点

友達が届けてくれた DVD

ファッションが教えてくれること

・ビル・カニンガム&ニューヨーク

友達が これまた 届けてくれた本 3冊

 

ショップでも 自分では探し出せなかっただろうと・・・

一年の折り返しに 出会えたことに感謝しながら

夏本番前 昨日6月30日は

我が家恒例行事 家族の代表として八幡神社の茅の輪くぐりをしてきました。

ありがとう! 8の字まわりは その言葉がぴったり似合います。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

正直な家

 お世話になった方に お食事でもとお誘いしたら

「あまり 外で食べる習慣がないので 好かったら うち(家)でどうですか?」と

反対にご招待を受けてしまった。

夕飯時間は遠慮して

夕飯後にお茶とお喋りなどと…喜んで出かけて行きました。

 

お土産のなかに 【住む】という季刊誌の最新号を忍ばせて・・・

というのも 先回 お伺いした時 建築の話になり この雑誌の話題が出たので・・・

 

自宅前の駐車場に車を止めると
リビングのキャンドルを灯してる姿がみえました。

玄関のチャイムを押すと 見事なボタンの花が活けられて
和服姿でお出迎えをして頂き ドキドキものです。

出迎えのお茶は 冷たい中国茶。用意されたデザートは 甘くないキッシュ風の焼き菓子で珈琲。

その後に 苺のアイスクリーム苺ジャム添え。

テーブルのお花も涼しげで
存分すぎるおもてなしを受けてしまいました。

 

お話の途中で これまた差し出された【住む】の本。

『創刊号Spring2002 ?!  うわぁ~(驚) 持っていな~い!』

13年前に思いをはせると 子供達は 二人共大学生だったと・・・

(過去を振り返る時 なぜだか子供の年齢でその当時を思い出す。)

 

どうぞどうぞと差し出されたこの本お借りしてきました。。。

 

アントニン・レーモンドに学ぶ、住まいの基本。正直な家

 外部の形は、内部の構造の正直な表現でなければならない

経済性もまた重要である。これは決して安くつくることではない。何事も無駄にしないことである。

いくつかの レーモンドの言葉は 現在進行形のプランを見つめ直す好い機会。
出会いは偶然ではなく必然だと誰かが言っていましたよね! 誰だったかしら? (笑)

2015-06-03 13.33.14

クーナ

森にすむこびとの話
 
にんげんには みえないものがみえるクーナー
 
せかいは めに みえるものだけで できてるんじゃないんだ
 
おじいちゃんのおじいちゃんが
 
クーナーから きいたんだって。
 
絵本 クーナ
 
作 是枝裕和 絵 大塚いちお
 
 
この絵本に出会えた日。
大塚いちおさんのサイン頂いた日は母の日でした。
 
おまけに カーネーションと ウサギが2羽。
 
 
大切な二人を思い出しながら
なぜだかみえないものをみたようなちゅつぴり不思議な日でした。 

コミュニティデザイン

CO‐OPで本を3冊注文。
それを届けてくれた、息子より少し上の世代の青年が
「面白そうな本ですね。」そう言ってくれた。

3冊とも 別に選ばれぬかれた本ではなく ちょっと気になる本
だったけれど ちょっと嬉しかった。

思わず 「本 好き? この本より
      今読み始めた本が面白いから この次読んでみる?」
と聞いた。ちょっと身を乗り出して 興味を示したので
      「著者は同世代だと思うよ。人と共感すること楽しい
       企画することが好きと思う人には
       面白いと思うのだけれど 面白くなかったら途中でやめても
       返さなくてよいから用意しておいてあげる。」約束した。

我が子たちに、本を勧めることは気恥ずかしい。そして
自分が 親から進められずによかったと思っているから・・・

本代は 惜しまず出してくれた親
それをいいことに 学生時代 
本代だと偽って お茶代・洋服代に変えたこともある。あったけれど

自分が読みたい本を 自分で探す 醍醐味をおおいに味わえて感謝。

ちょっと 反省しながら、勧めてしまった本をもう一度読み返した。

この本は 
自分が数年前、
何年か携わっていた 【地域通貨】が コミュニティデザインツール
ひとつだったのだと 思い出させてくれた。

つくるのをやめると 人が見えてくる。

手渡す時 
あれが良いだのこれが良いだの言わずして 渡そうと思う。

しどろもどろしながら 私も覚えていく。コミュニケーションを。本からだけでは学べない。

だけど ヒントはある。拾うのも実行するのも本人 若人にいうのではなく自分に。
2月スタートです。

SOKABE KEIITHI BAND ライブ

音楽は 子供達からの影響多し。。。

息子が聞いてた サニイデー・サービス 
『なかなかいいじゃん!』 とCD借りて聞いてた。

娘の先輩からのおさそい 
曽我部恵一BANDのライブ。 
何か月前から楽しみにしていた。

先週末 6月22日(金)。

余韻は続く。 机の上のライブチケットやっと 今朝片づけた。

余韻は映画にも飛んでいて 
見たいと思っていた映画を曽我部恵一さんが見ていて
その 映画について語っています。

*      *      *      *    
アキ・カウリスマキ監督の新作『ル・アーヴルの靴磨き』を観ました。


カウリスマキ監督の映画にはいつも、普通のひとたちの普通の人生が写されています。

でもこんなにドラマチックでやさしいのはなぜでしょう。

観終わると、こころが5グラムくらい軽くなります。家路を急ぐまえに、
コーヒーでも一杯飲んでいこうかというような気になるのです。


カウリスマキ監督はなんにもしらんぷりして、こんな魔法をつかうわけです。

っていうか・・・ 
曽我部さんも 音楽の(職人さんで)魔法をつかってのライブ構成してました。

ライブハウスの昔ながらの内装も 
音楽を介して様がわりしていくのは
SOKABE KEIITHI BAND演奏手と
SOKABE KEIITHI BANDを楽しもうという聞き手の空気感。

今日の日記は 
御一緒してくれた(KIKUちゃん)に 
この場を借りて 一週間前のありがとうです。。。余韻は続く。。。

こころが5グラム軽くなる感じ。それって忘れたくない大切なこと。(笑)

くじけないで

忘れられないぞぉ~。
茨城里帰りの週末・・・母へ。
ちょっと驚いたのは この本の事を聞かれた。
絵を描くための本を送ってほしいと頼まれることはあっても・・・
字の本?小説や物語、詩集に興味示すなんて・・・(笑)
叔母に勧められて読んだ本。
持ってる持ってると母に自慢して
今度帰る時持っていくと約束した。
読んだよ 良かったよ なんて言ったのに 
内容を忘れてる。。。
だから、母のなにげないアクションが
思い起こしを導いてくれてると思う事 たまにある。
だから 忘れちゃいけないね!『くじけないで』

本(SHARE)と映画(THE SOCIAL NETWORK)

を借りた。

読んでいて楽しかったのは、沢山の付箋紙。

引いた線。

これは世界に一冊。持ち主に返さなくては・・・と 楽しみながら読めた!

映画を観た。

何が 楽しいって 20代・30代・50代三人で観にいったので 感想はさまざま。

一人映画を観ること いつかデビューなんて言いながら 

今回の映画 友達と息子 誘ったのは

観た後の、さまざまな思いも感じたくて

話されないさまざまな感想は それぞれの胸の内に余韻として残っていく。

きっと これから先も たくさんの 読んだ・観た・感じた。と面白がって

ひとつひとつのことを 大切に しようと思った。

お借りした本

一週間前の金曜日に・・・お借りした本

あんまり素敵で
一週間借りててもいいかしらと・・・

本を手渡された場所は 
ご近所の 素敵なカフェ。

あんみつ屋カフェは 金・土曜日と
一週間のうちの二日オープンのお店。

そういえば・・・オープンして3週目
ご近所といいながら・・・カフェに通いつめている。

今日は金曜日 朝からこの本眺めながら 
良い本に出会いました。
ありがとうの連絡をとろうと思ったら以心伝心 
我事務所に立ち寄ってくれました。

自宅のお庭でお花を摘んで
カフェに届けてきたという彼女に提案。

午後からカフェで待ち合わせいいかしら。

ご近所に素敵な友達がいて
(自分では出合えない本の出会いや
 沢山の気付きをいただいてます。)

素敵なカフェが出来て
 
美味しいと評判のイタリアンレストランにも
先月 まちづかい会のメンバーと立ち寄り 

どこにでもあるような住宅地の中に
自然な形で溶け込んでいる店舗

そのほかにもいろいろな意味で 中学校や小学校の通り道。
豊かな気分をもたらしてくれてます。

身近に 木となり 花となりの 
住まいづくりの教材があちらこちらに。いいでしょう!!
と自慢したくなるご近所です。(笑)