土工事

叔母からの電話で この季節になると足の具合が悪く

立てなくなるというのです。

段差のある出入り口の不具合解消の相談を受け

電動で高さを調節する機会を入れることになり

改修工事に取り掛かることになりました。

備品の一部をお願いした介護用品を扱う会社の営業マンが

りっぱな自社のパンフレットを届けてくれた。

(医療機器や介護用品を扱うトータルな介護の事業所で

建設業許可・1級建築士事務所登録もされている。)

 

我社のパンフレットが欲しいと言われた。

はじめての要求に 思わずにんまり「パンフレット?」

 

ないけれど、来週までに作っておくね!

ないものは作ってみたい。

と思わせてくれたのは10年程前、

娘が大学の卒業制作で、我が事務所のDMを作ってくれていた。

DMは広告であると同時に「お手紙」だということで楽しんで作っていた。

 

そのこと「パンフレット」と言われた時、ふと思い出し

振り返りたくなったのかもしれない。

十年一昔。(笑)

 

その パンフレットづくりのおかげで

以前請け負った図面や、写真の整理をしていたら

以外に土工事(庭づくり・塀がきづくり‥)を多くしていたことに吃驚!

 

そのときは、土工事を何処に頼んでいいかわからずに

頼まれていたと思っていたけれど・・・

もしかしたら 私ひとりに何が出来るのだろうと

仕事を 作り出してくれたいたのかも、と思えました。

 

今は 息子が入ってきてくれて 新築・改築・リフォーム工事

付随しての土工事がありますが、全体的にみると多くはありません。

 

 自分が仕事を選んでいるようで

もしかしたら 仕事に選ばれてるのかもとこの頃、思えてなりません。

 

5月15日三条祭

4月に入り 減築リフォームの取り壊しが入り

その現場が終わると

水回り(浴室・脱衣洗面室・ダイニングキッチン)リフォーム工事と続き

5月の連休も気がつくと 終わっていた。。。(^^)V

 

慌てて 室内衣替え

お祭り前に建具の入れ替え 障子戸から簾戸へ

絨毯は夏仕様の敷物へ 床の間の掛け軸も掛け替えて・・・要するに5月15日

三条祭り前の恒例行事。。。とはいえ

 

頭の中は 3か所のプラン(新築2件・リフォーム1件)が 行ったり来たり いい案出てこ~い!!

お祭りもそこそこ 三条の家並み眺めながら あれやこれやと思いめぐらしてます。

 

20150515a

 

20150515b

つくりあげる あれやこれや

春はまだかと心待ちの2月終わり 新築工事の引き渡し。

 

3月の入り 居室の断熱のためのリフォーム

水回り トイレと浴室入れ替えリフォームと 現場が忙し騒がしの時に

 

事務所入り口工事( 歴代図面と書籍とカタログ整理)を思い立つ。

急に思い立っていたわけではなく・・・(笑)構想は以前からしてたんです。。。

 

笑い話のごとく 助成金の申請の勉強会に行き申請書を書き提出。申請受理には至らず ^^;残念。

ならば 助成を充てにせず自力で。

物事シンプルに考えるべし 何のためにつくりあげるのか?

大工さんと 話し合いながら作業開始。本棚の図面ぐらい書けと指示を受け・・・簡単メモ渡す。

思いもかけず あれやこれやとつくりあがっていく様の楽しい事。

 

これから始まる 現場の下準備のための作業の効率があがってると思える

Vサインの自工事 学び満載 今から書きあげる図面に活かせそうです。。。

20150310b

 

20150310a

 

 

 

緋色(ひいろ)

現場はじめの日
一番最初に目についたのは庭の花。
 
始めてみた花なので花の名前はさておいて
この花の色は?
 
この頃・・・すぐに出てこない名前や事項。
 
う~ん なんだったかと おもいっきり頭を使う。
思い出せない事も数多くあるけれど思い出せたときは
何ともうれしい。。。(笑)
 
そうそう 緋色 鮮やかな赤をさす色名。
火に通じ火色とも書く。
[思ひの][ひ]にかけて思ひの色ともよぶことがある。
 
思い出せたことと 思ひ色 なんだか うれしいね!
 
お盆前 無事すませた現場も よかったよかった。
 

決断のはやさ

なんと 仕事で教わることの多さ!! 
決断の速さも 段取りも そうして一人前になっていく。
建築の本や 教科書には載っていないコツや技
プロは知っている。施主さんにも プロがいる。。。

6月18日

現場から現場へと走りまわった1週間。

どの仕事も…暑さの中…たいへん作業。
なのに…朝から晩までコンスタントに進んでいく。

大変だから見事に出来上がる。
そして、風景になじんで

前からずっとそうであったように感じるんだろうな?

体が資本、仕事する人たちといると感じる感じる。

配達

写真は(2010・08・31)リフォーム工事

2010・01・07
赤いタオル鉢巻のM大工(親方)さんに10:00の一服休み時間を見計らって電話。
野地板の加工。
昔でいう広小舞の寸法に。
材木(建築用)も少しづつ加工製品が変わってきているため
加工しやすい材木は建築用で使うだけでなく、たとえば
金物を荷造りする時材木を充て木に使って保護したりする。

数としては決して多くはないけれど 違った産業の会社に納材するのはちょっと新鮮。

M大工さんから親方の話を聞きました。師弟関係があった時代に仕事を学ぶことは
人間的に大きさを感じます。

配達があったため・・・
話を聞けて 学ぶことの大切さを再確認した今日
30年一緒に暮らした義母(新潟暮らしの私の師)が
久しぶりに3泊4日の里帰り…まだまだ学べることがある。(笑)

そして 父の愛弟子 Kお兄ちゃんより年賀状の (うれし)返信メール
——————————————————————-
去年はTちゃんにとって、大変な年でしたね。
でも息子さんが、後をついでいっしょに仕事しているとのこと、大変羨ましいですね。
かげながら応援しています。孫も生まれたそうでうね。孫はかわいでしょう。
私も、もう60になります。4人の外孫がいます。
話は変わりますが、うちの会社で、はじめて、県の仕事をとりました。
K高校部室の階段の改修工事だそうでう。
監督の仕事も乗り気ではないのですが、やるしかないので、頭が痛いです。
部落に帰れば、副区長、民生委員、また地デジタル組合の立ち上げ等、
忙しくすごしています。
お身体を大事にがんばってください。プロローグ楽しみ読んでます。Kより
——————————————————————–

Kお兄ちゃんは 高校卒業後我が家に来ました。
会社組織になっていない大工(職人)の父の元で修行。
家族の一員として 私達4人兄弟はお兄ちゃんと呼んで喜んでいたけど
大変だったんだろうな?
お給料などなく わずかなお小遣い…文句も言わず年季明け 
建築士をとったお兄ちゃんがいたから…

茨城の里の父と母も きっとお兄ちゃんに 親方として親方の妻として
育ててもらえたと思います。本当にありがとう!!!

私もこれからが修行(自分育ち)だと思ってます。^^v

秋にみぃつけもの。。。

posted in: うれし, たのし, 現場 | 0

8月に動き始めた(リフォーム)現場。

現場の記録をブログで…なんて
そんな余裕なしの毎日。

例年の暑さをおおいに上回るなか
現場の職人さんたち仕事人のプロ根性に脱帽。

予想以上の進み具合にわくわくドキドキの毎日
続いてます。

やっと半分来たというところで 
ふと 気付いたことひとつ。

じぶんのわくわく ドキドキの素。

いい空気が流れる魅力的な空間 

見えないところも 気持ちよく作られている。

出あがり=完成ではなくて

作られていく(仕事する場も)空間も含まれる。

 
住む人が住み続けられる。。。(思い出も含めて)

そういうことって大事だなぁ、と 思いました。
久しぶりに事務所で 図面?描いて?ます。^^;

フォーグラス張り

透明硝子フォーグラス張り

看板工事作成・取り付け・取り外しと
いつもお世話になっているフジデザインさんに相談。

いつもの通り
それを 望む理由と 出来上がり感を 口頭で。
(簡単なメモで寸法打ち合わせ)

安心して仕事を頼めることが心地よいことを実感しながら
自分自身に重ね合わせて仕事に励まなければ…

現場の後片付け

現場から帰ってきたら

みずすましさんからFAXが届いていた。

NPO日本オーガニック協会からのメール案内。

農薬・化学肥料に頼らないオーガニック・ガーデンの事。

緑や花に癒されながら
これからの手入れについて
ちょうど現場で話していたところだったので

グッドタイミングにビックリ!!!

知りたいことや勉強することが山ほどあるってことに感謝!!!

1 2