欅の表札、娘の気持ち。

posted in: うれし, たのし | 0

友達が 実家の表札の相談に来た。

友達のお父さんの手書きの表札。
お父さんとお兄さんの2枚が並ぶ玄関。

お母さんが
お父さんの書いた文字が
滲んで汚れてるから新しいのをと計画。

お父さんが寂しそう・・・

彼女から一回 預かり。試行錯誤。
もう一回 彼女に戻して・・・

自分が心がけてること

仕事だけでなく
何かを作ったり、片付けたりするとき、
頼まれ作業に 参加するときも

何を どうしたいか?
時間がかかっても、
逆戻りしてもその時間を楽しみたい。
楽しんでもらいたい。
面倒だったけれど…よかった!と

看板やさんに張り文字作成してもらう。
お父さんに文字をもう一度書いてもらって…
原稿作成。

その前段階 下地づくり… 
いつも相談に乗ってくれてる大工さんに相談。
その日のうちに削ってくれて…届けられた。

汚れた表札の下地が出来上がり…工程が作業が進む。

輝き戻した欅(けやき)材。
硬くて艶があって 材木の中でいつでもどこでも
欅といわれる訳を今回は再確認。

〈写真は 輝き過ぎて
    白っぽくなってしまいました^^;が〈笑)

もうひとつの 再確認!!

元気で頑張り屋ぴか一の友達
彼女の 親思いの娘顔^^V 見習わなくちゃ!
年下友達からも教えられてる!^^V